2022年冬の青春18切符 2回目 その4

最後の行程は、加茂(14:43発)で王寺(15:15着)、同(15:20発)で柏原(15:32着)となります。

加茂からは快速ですが、王寺までのすべての駅に停車します。

疲れもあったのか外もあまり見ずボーッとしていました。

王寺からは201系です。

 

電車はすいていましたが、先頭車の運転台後ろに張り付きました。

201系同士の離合

 

昔ながらのブレーキハンドル

 

こうして最後の12分を楽しむことができました。

藤沢からは473.7km、かかった時間は9時間43分でした。

(乗り遅れた1時間がなければ、14時32分に到着予定でした)

 

青春18切符の3回目は、柏原からの姫新線伯備線の旅に使いました。

日没の頃  ロマンスカー EXE

2023/1/8の秦野での撮影は、GSE以外にEXEも撮影しました。

太陽が隠れる寸前にEXEがやってきた。

 

後部の車両も 

 

太陽が見えなくなりましたが、EXE6両が通過。

 

こちらも後部も

 

EXEはあまり人気がありませんが、今後も継続して撮影したいと考えています。

(私はEXEについては結構好きです。) 

 

小田急 ロマンスカー

今日(2023/1/9)は夕方のロマンスカーを撮りに町田-玉川学園前 間に行きました。

まずは15:40頃のMSEを恩田川の橋梁で撮影しました

10両編成だったので新宿方の先頭もカッコ良かったです。

 

陽がかなり傾いてきた16時前にEXEαの回送がやってきたので、車両の正面が黒く潰れることを覚悟で、車両の輝きを狙いました。

連結部分が太陽の光で輝いた。

 

16時過ぎに1094Fがやってきたのでステンレスの輝き狙いで撮影。

 

後の列車は車体に影が目立つようになり、これで終了です。

空気が澄んでいる今の季節は美しい。

 

 

 

小田急 GSE

今日(2023/1/8)はあまり撮影できていなかった小田急GSEを狙いに、秦野で16時前と17時過ぎの2列車をシルエットで撮影しました。

 

まだ陽が高かった最初のGSEをアップで撮影しました。

(ソフトでシャドーを持ち上げると車体は赤くなりGSEの文字もくっきりと見えました。やろうと思うとデジカメは何でもできます。)

 

17時過ぎの2本目はすでに陽が暮れており、残照をバックに空を大きく、列車は小さくして撮影しました。

 

後追いは縦位置にして空を思いっきり入れてみました。

 

 

2編成しかない展望車GSEをこれから力を入れて撮影したいと考えています。

(新車の頃はほとんど撮影していませんでした・・・・)

2022年冬の青春18切符 2回目 その3

次の移動は、四日市(12:42発)で亀山(13:09着)、同(13:14発)で加茂(14:34着)。ただ当日は雪の影響で関西本線名古屋口が4分程度遅れており、亀山には4分遅れて13:13着。ホームも違うので急いで移動しました。乗り換えのお客様もいたので、少し待ってくれていました。亀山からはキハ120系2両編成。

加太越の後は、柘植に到着。 古い跨線橋がある駅です。

柘植では亀山行きのキハ120系と交換

 

緑色の草津線113系も見ることができた

 

関西本線の駅はどれも有効長が長く、昔は長い貨物列車が走っていたことが偲ばれます。

1971年には今では信じられないような長い貨物が走っていた  

 

大河原-笠置間の由緒ある木津川橋梁を渡り、終点の加茂には定時到着。

1897年に造られた

 

到着したキハは6分後には14:40発の亀山行きとして出発していきました。

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年冬の青春18切符 2回目 その2

浜松9:17到着後、以下の予定で名古屋まで。

浜松(9:23発)で豊橋(9:58着)へ、同(10:02発)で名古屋(10:58着)

名古屋に近づくと雪の影響か先行の普通が遅れており、名古屋到着が約7分遅れてしまい、予定していた11:05発の亀山行き快速に乗れず、約1時間待ちとなってしまった。

仕方なく、ホームの列車を撮影したり、ホーム上の売店きしめんを食べたりして時間をつぶし、名古屋(11:37発)四日市(12:09着)の快速みえ7号に乗った。

 

電車に雪が付着し、線路にも雪が残っている

 

停車中のキハ75の横をHC85が通っていった

 

四日市駅は大きな駅で、立派な駅舎と構内の線路の多さが印象的だった。

現在は一部しか使われていないようだが、立派な駅舎

 

線路の多さと大きな跨線橋

 

次は四日市12:42発の電車で亀山に向かいます。

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年冬の青春18切符 2回目 その1

2回目は2022/12/24に神奈川県の藤沢駅から大阪府柏原駅まで使用しました。

乗換は下記の通りです。

藤沢→小田原→熱海→浜松→豊橋→名古屋→四日市→亀山→加茂→王寺→柏原

関ヶ原の雪が心配だったのと、関西本線に乗りたくて上記ルートとしました。

藤沢(5:49発)から小田原(6:21着)同(6:22発)で熱海(6:45着)でJR東日本管内を移動。 朝早い時間だったので、空いているかと思っていましたが、それなりの着席率でした。途中で降りられたお客様が多く、小田原からの乗換はそんなに多くないように思いました。

 

根府川駅では電車の窓から夜明けの海が見えた

 

4分の乗り換え時間ですが熱海駅ではホームが違い、比較的狭い階段を多くの人が急ぎ足で乗換です。

熱海(6:49発)で浜松(9:17着)と途中乗換なしで約2時間30分の列車旅でした。 

浜松駅では6分間の乗換時間を利用してトイレタイム。ただこの駅はトイレが小さく、結構行列ができていました。到着後早く行く必要があるようです。

(続く)